オールセラミッククラウンの値段と治療

オールセラミッククラウン、オールセラミックでの歯の治療は安いといっても高額な治療となりますから、しっかりと知識を蓄えてから慎重に歯医者を決めましょう。

歯科の自費診療のセラミックの歯の治療はなぜ高額なのか?

f:id:pt091q4b4k:20171005223543p:plain

歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を必要としている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

一度は歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を受けようと思った際に、そのお値段を聞いてびっくりして自費診療を受けなかったという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

歯科の自費診療、保険診療について違いの解説は下記を参照をして下さい

zirconia-ceramic.tokyo

 

あなた「セラミックの歯で治療をしたいのですが」

 

歯医者「1本15万円になります。保険が使えない治療なので高いですが、より良い治療をする事が出来ますよ」

 

あなた「・・・(は!?そんなに高いの)」

 

歯医者「どうしますか?」

 

あなた「あの・・・いえ、その・・・」

 

なんて会話になってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?そうなんですよね。歯科の自費診療というのはかなり高額になるのです。

 

自費診療のオールセラミックの歯の治療を従来型の歯科医院よりも低価格で受ける事が出来る人気審美歯科サービスの公式サイト→こちら

 

歯科の自費診療の値段設定の仕組み

歯科の自費診療は歯科医院によってかなりお値段が異なります。歯科の自費診療のお値段の設定というのは各歯科医院が自由に設定をする事が出来ます。

 

かなり高額に設定をしている歯科医院もあれば、比較的に低価格でセラミックの歯を提供をしているところもあります。

 

しかしながら、比較的に低価格でセラミックの歯の治療が出来るとは言っても、1本5万円、8万円という治療費になります。

 

歯科の自費診療がなぜ高いのか?と言えば、歯医者と歯科衛生士などの人数分の時給をまず施術の中でお客様(患者)から貰わないと歯科医院の経営が成り立ちませんから、実働をしている間の時間当たりの費用に、また歯科の技術料が換算され、そしてお値段に反映をされています。

 

なので、高額になるという事が一般的になっているのです。どような仕事もそうですが個人に対して、一人、二人の人間が何かをしてくれるサービスというのは非常に高いですよね?それと同様の事です。

 

ただ歯科が乱立をしており市場の現状を考えると、1本当たり15万円とか、20万円というような値段設定はあまりに高額過ぎるというのは妥当な見解である事も間違いではありません。

 

既にコンビに以上の医院があり、ビルのテナントに数件の歯科医院が入っているという事も特段珍しいことではありません。都心部などにいくと、どこに行っても歯科医院を見る事が出来るでしょう。

 

その数はコンビにの数より多いのです。

 

この現状から見ると、歯科サービスというもの自体に市場的な希少性というのはありませんから、その市場的な観点から言えば歯科の自費診療というのはかなり高額なまま推移をしているというのは妥当なのです。

 

でも、高止まりをしているというのが現状です。

 

市場適正価格で今までは高額過ぎたオールセラミックの歯を低価格で提供

しかしながら、市場適正価格という事で値段を算出をしなおして審美歯科サービスの企画運営・管理をしている企業が東京、神奈川、大阪、名古屋でのそれぞれの都市の歯科医院と連携をして行っている審美歯科サービスは高品質な歯科の自費診療を従来型の審美歯科よりも低価格で受ける事が出来ます。

 

歯科の自費診療の高品質なオールセラミックの歯の治療を市場適正価格で従来型の歯科医院よりも安く受ける事が出来る人気審美歯科サービス→こちら

 

他の歯科医院よりも多くのお客様に対して施術をしているという事から、その技術も自費診療の経験の少ない歯科医院よりも高いので、安心をして施術を受ける事が可能となっています。

 

歯医者の実力は、やはり何人に対してその治療を行ったかという実際の経験数がものを言います。細かい作業で、歯を削るという事が歯医者の主な仕事ですが、それにはかなりの数の量をこなす事によっての慣れでしかカバーをする事が出来ない事なのです。

 

いくら歯医者が一生懸命に座学をしたところで、実際の施術で歯を削るという細かい作業に関しては、やはり人数をこなしていかない限りはうまくなりようがありません。なので、人気のある歯科医院で治療を受けるという事が、良い治療を受けるという事に案外とダイレクトに繋がるのです。

 

安い審美歯科の自費診療は不安?

歯科のサービスでも医療分野のサービスに入りますから安い治療費の歯科医院だと不安という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしながら、本当に良いオールセラミックの歯の製品を使用をしているのであれば、あとは歯医者の腕という事になります。

 

値段が高額に設定をしている歯科医院でもお客様があまり来ていないのであれば施術経験がなく、そこまで上手に施術が出来るという事はありません。

 

逆に通常よりも低価格にしてお客様がたくさん来院をしはじめた歯科医院ともなればすぐに経験があがっていきますから通常のお客様が少ない歯科医院よりも上手な治療をする事が出来る経験をつめるという事になります。

 

良い治療なのかそうではないかを見分けるには、歯科医院が提供をしているオールセラミックの歯の素材メーカー、製作システムです。

 

それが分かれば、そのオールセラミックの品質自体が本当に良いものなのか、そうではないのかという事が簡単に見極めることが出来るのです。

 

良いオールセラミックの素材メーカーで品質を見極められる

f:id:pt091q4b4k:20130420152552g:plain

f:id:pt091q4b4k:20130420152544g:plain

現在であれば、セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxが良く利用をされています。ジルコニアというのは人工ダイヤモンドの素材をセラミックの歯の一部に使用をして強度を高めたものとなります。

これなら金属アレルギーの心配もなく強度的にも奥歯に使えるオールセラミックの治療をする事が出来るのです。

 

ジルコニアは様々な歯科素材の企業が製品として出荷をしています。高品質で信頼性の高いジルコニア、セラミック素材の名称を箇条書きにすると下記になります。

上記の名称のものを使用をしているジルコニアオールセラミックならまず問題はありません。値段設定自体は歯医者の問題なので、上記の製品を使用しているのに1本10万円を切っている治療費を設定をしている歯科医院は、なるべく低価格で良い素材を使っていると評価をする事が出来るでしょう。

 

ジルコニアを使用をしたオールセラミックの歯のメリット→こちら

 

またジルコニアではないですが、オールセラミックの歯で特にジルコニアほどの強度はいらない前歯にはイボクラール社のIPS e.maxという製品が使用をされる事が近年ではかなり多くなっています。

 

人工ダイヤモンドのジルコニアを使っていなくても実際には十分な強度はあるのですが、やはり奥歯のように思いのほか大きな力がかかる箇所には、IPS e.maxを使うよりもジルコニアセラミックの方が良いという事が言えますので奥歯にはジルコニアセラミックを利用をする事が一般的となっています。

 

 

高額過ぎる歯科の自費診療のオールセラミックの歯を市場適正価格で治療を受けたいと思っている方や、もっと低価格で本当に良い治療を受けられる歯科医院はないかと探している方は下記の人気審美歯科サービスの公式サイトも見て検討をしてみて下さい。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain