オールセラミッククラウンの値段と治療

オールセラミッククラウン、オールセラミックでの歯の治療は安いといっても高額な治療となりますから、しっかりと知識を蓄えてから慎重に歯医者を決めましょう。

歯医者の言っている価格はメチャクチャ

オールセラミックなどの自費の診療を受けようと思ってネットを検索している方は、歯医者が質問に答えてくれるというようなサイトなどを見た事があるかと思います。

 

私も、そのようなサイトを見るのですが、市場経済的な観点から言えば歯医者の言っている「腕の良い先生は自費を安くしません」みたいなことは、全くもってただの世間知らずです。

 

これだけ過剰に歯医者がいる状態ですから、歯医者にそこまで高い価値などありません。これは市場が決定する事です。どんなに上手く何かが出来る人がいようとも、それが過剰にこの市場の中にあれば安いのは当然なのです。

 

それが市場経済というものです。しかも、よく考えて下さい。特段、自費診療であろうが、保険診療であろうが歯医者が行う事は殆ど変わりません。と、いう事はですよ、基本は保険診療が80%でご飯を食べている歯医者が殆どなわけですから、自費になるからと言って保険診療より、より高額になるというのはいささかおかしな話です。

 

決して品質を落して安くしているわけではありません。しかも海外で製作されているオールセラミック製品などを悪くいう傾向にありますが、実際に歯科業界の事を知っている私からすれば、「は???」って感じですね。

 

なぜかと言えば、日本の歯科技工所の方が遥かに最低です。日本産だから安心ですって言葉で誤魔化していますが、日本の歯科技工所や歯医者には殆ど監査が入りません。歯医者も歯科技工士も個人事業主です。

 

これを疑問に思う方は歯科技工所というものを見学しにいくと良いでしょう。もちろん大手ではなく、個人のですよ。大手のシェアよりも、個人の技工士が無数にいて地域の歯科医院の仕事は、個人で技工所を開設している個人事業主の歯科技工士が行う事が殆どなのですから、その辺にある個人事業主歯科技工所を見学しに行って下さい。衛生環境の悪さに驚くでしょう。

 

で・・・隠蔽体質というのは変わりありません。透明性はかなり低いです。又、個人の歯科技工所の衛生環境などを見たことありますか???衛生面での監査があったりすると思いますか?行政からは殆どそんな注意を受けないのが日本の歯科業界ですよ。

 

あのね、海外で大きく展開している歯科技工所に日本のゴミのような歯科技工所がかなうわけがありません。衛生環境でも信頼を得るために国際基準のISOを取得し、大掛かりな投資をして、最新鋭の機材を取り揃えています。日本の歯科技工所では、そんな事はほぼ出来ません。

 

それに比較して、日本の歯科技工所は殆どが個人家を改装したような適当な仕事場ですよ。それに、使用している金属だってパラジウムなんて使っておらず、もっと安い適当な金属を使っているのにも関わらず、歯医者と結託してパラジウムで保険を請求したり、保険点数をちょろまかしたりして保険財政を圧迫しているのが歯科業界です。もちろん、しっかりやっている方もたくさんいますので全てとは言いません。

 

歯医者にオールセラミックの歯を装着するのに1本8~15万など請求できるほどの価値などありませんよ。これは、人数と余剰生産力という点から経済的に見ると当たり前なのです。

 

ですから、歯医者のオールセラミックの格安のものが、そんなに悪いのか?と言われれば特段問題はないというのが本音ですね。ただインプラントの激安はヤバイと思いますね。あれは完全な外科手術ですから歯医者なんかでインプラントを行うというのは狂気の沙汰としか思えません。さらに、顎をあれだけグリグリといじるわけですから、やはり歯医者なんかでインプラントを打ってはいけません。

 

インプラントの激安と、オールセラミックの激安では全く意味が違うのです。インプラントは歯医者が行うべきではない医療行為です。それを適切に行うのであれば、かなり高額になってしまうのが現状のはずであるのにも関わらず、馬鹿歯医者はインプラントを、たった2~3時間の講習を受けた次の日から始めだすという始末です。

 

と・・・かなり話が脱線してしまいましたが、歯医者がオールセラミックの激安、格安治療というものを、必死になって叩いていますが正直見苦しいです。安くなってしまって当然の飽和状態なのです。しかも、保険治療をしようが、自費の診療をしようが、行う事は変わりません。保険で飯を食べている歯医者が80~90%の状態ですから保険診療と同じ事をして、ただ銀歯を被せるという事がセラミックに変わっただけでそこまで高額になるわけないのです。

 

歯医者個人が自分自身にどのような値段を付けても結構なのですが、市場価値として純粋に適正価格を割り出してみれば、歯医者の価値など歯を1本治療するのに8~15万円もかかるわけがないのです。

 

これが経済の基本原則です。ですから、セラミックの治療で「5万円は安過ぎですね」などと言っている歯医者の方が経済的な基本原則から言えば、かなりおかしいのです。

 

ですから今は安くても高品質なセラミックを入れてくれる歯医者も出てきているというのが現状なわけです。

 

馬鹿歯医者の言う狂言に惑わされてはいけません。医療だから高額なのですとか言いますが、あのね、それは只のキレイ事。じゃあなぜジェネリック医薬品があるのですか?市場経済に従って動いているからでしょう???

 

それが、この世界の現実です。そして、医療であれなんであれビジネスです。医療が、医療がとキレイ事だけを言うのであれば、無償でやりなさいよ。

 

ですから、ゴタゴタを何かを言わずに、値下げをしてしまう歯医者は、まだそこそこ頭を使っていると言う事も出来るわけです。

 

あなたがしっかり市場で揉まれて、品質を高くしつつ、競争力で抜きん出ようとしている優良な歯科を選べる眼力を養う事が出来るような本当のことをしっかりと情報をして書いていきますので、オールセラミックの治療など価格面で歯科治療を躊躇っている方は、一度、格安のオールセラミックの治療を宣伝している歯医者も見てみるべきだと思いますよ。

 

歯科業界で最も高品質であると言われているオールセラミック素材メーカーのセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを使用しているのに、格安でオールセラミックの審美歯科治療を受けられるサービスは下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain