オールセラミッククラウンの値段と治療

オールセラミッククラウン、オールセラミックでの歯の治療は安いといっても高額な治療となりますから、しっかりと知識を蓄えてから慎重に歯医者を決めましょう。

歯科の自費診療のセラミックの歯の治療はなぜ高額なのか?

f:id:pt091q4b4k:20171005223543p:plain

歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を必要としている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

一度は歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を受けようと思った際に、そのお値段を聞いてびっくりして自費診療を受けなかったという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

歯科の自費診療、保険診療について違いの解説は下記を参照をして下さい

zirconia-ceramic.tokyo

 

あなた「セラミックの歯で治療をしたいのですが」

 

歯医者「1本15万円になります。保険が使えない治療なので高いですが、より良い治療をする事が出来ますよ」

 

あなた「・・・(は!?そんなに高いの)」

 

歯医者「どうしますか?」

 

あなた「あの・・・いえ、その・・・」

 

なんて会話になってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?そうなんですよね。歯科の自費診療というのはかなり高額になるのです。

 

自費診療のオールセラミックの歯の治療を従来型の歯科医院よりも低価格で受ける事が出来る人気審美歯科サービスの公式サイト→こちら

 

歯科の自費診療の値段設定の仕組み

歯科の自費診療は歯科医院によってかなりお値段が異なります。歯科の自費診療のお値段の設定というのは各歯科医院が自由に設定をする事が出来ます。

 

かなり高額に設定をしている歯科医院もあれば、比較的に低価格でセラミックの歯を提供をしているところもあります。

 

しかしながら、比較的に低価格でセラミックの歯の治療が出来るとは言っても、1本5万円、8万円という治療費になります。

 

歯科の自費診療がなぜ高いのか?と言えば、歯医者と歯科衛生士などの人数分の時給をまず施術の中でお客様(患者)から貰わないと歯科医院の経営が成り立ちませんから、実働をしている間の時間当たりの費用に、また歯科の技術料が換算され、そしてお値段に反映をされています。

 

なので、高額になるという事が一般的になっているのです。どような仕事もそうですが個人に対して、一人、二人の人間が何かをしてくれるサービスというのは非常に高いですよね?それと同様の事です。

 

ただ歯科が乱立をしており市場の現状を考えると、1本当たり15万円とか、20万円というような値段設定はあまりに高額過ぎるというのは妥当な見解である事も間違いではありません。

 

既にコンビに以上の医院があり、ビルのテナントに数件の歯科医院が入っているという事も特段珍しいことではありません。都心部などにいくと、どこに行っても歯科医院を見る事が出来るでしょう。

 

その数はコンビにの数より多いのです。

 

この現状から見ると、歯科サービスというもの自体に市場的な希少性というのはありませんから、その市場的な観点から言えば歯科の自費診療というのはかなり高額なまま推移をしているというのは妥当なのです。

 

でも、高止まりをしているというのが現状です。

 

市場適正価格で今までは高額過ぎたオールセラミックの歯を低価格で提供

しかしながら、市場適正価格という事で値段を算出をしなおして審美歯科サービスの企画運営・管理をしている企業が東京、神奈川、大阪、名古屋でのそれぞれの都市の歯科医院と連携をして行っている審美歯科サービスは高品質な歯科の自費診療を従来型の審美歯科よりも低価格で受ける事が出来ます。

 

歯科の自費診療の高品質なオールセラミックの歯の治療を市場適正価格で従来型の歯科医院よりも安く受ける事が出来る人気審美歯科サービス→こちら

 

他の歯科医院よりも多くのお客様に対して施術をしているという事から、その技術も自費診療の経験の少ない歯科医院よりも高いので、安心をして施術を受ける事が可能となっています。

 

歯医者の実力は、やはり何人に対してその治療を行ったかという実際の経験数がものを言います。細かい作業で、歯を削るという事が歯医者の主な仕事ですが、それにはかなりの数の量をこなす事によっての慣れでしかカバーをする事が出来ない事なのです。

 

いくら歯医者が一生懸命に座学をしたところで、実際の施術で歯を削るという細かい作業に関しては、やはり人数をこなしていかない限りはうまくなりようがありません。なので、人気のある歯科医院で治療を受けるという事が、良い治療を受けるという事に案外とダイレクトに繋がるのです。

 

安い審美歯科の自費診療は不安?

歯科のサービスでも医療分野のサービスに入りますから安い治療費の歯科医院だと不安という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしながら、本当に良いオールセラミックの歯の製品を使用をしているのであれば、あとは歯医者の腕という事になります。

 

値段が高額に設定をしている歯科医院でもお客様があまり来ていないのであれば施術経験がなく、そこまで上手に施術が出来るという事はありません。

 

逆に通常よりも低価格にしてお客様がたくさん来院をしはじめた歯科医院ともなればすぐに経験があがっていきますから通常のお客様が少ない歯科医院よりも上手な治療をする事が出来る経験をつめるという事になります。

 

良い治療なのかそうではないかを見分けるには、歯科医院が提供をしているオールセラミックの歯の素材メーカー、製作システムです。

 

それが分かれば、そのオールセラミックの品質自体が本当に良いものなのか、そうではないのかという事が簡単に見極めることが出来るのです。

 

良いオールセラミックの素材メーカーで品質を見極められる

f:id:pt091q4b4k:20130420152552g:plain

f:id:pt091q4b4k:20130420152544g:plain

現在であれば、セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxが良く利用をされています。ジルコニアというのは人工ダイヤモンドの素材をセラミックの歯の一部に使用をして強度を高めたものとなります。

これなら金属アレルギーの心配もなく強度的にも奥歯に使えるオールセラミックの治療をする事が出来るのです。

 

ジルコニアは様々な歯科素材の企業が製品として出荷をしています。高品質で信頼性の高いジルコニア、セラミック素材の名称を箇条書きにすると下記になります。

上記の名称のものを使用をしているジルコニアオールセラミックならまず問題はありません。値段設定自体は歯医者の問題なので、上記の製品を使用しているのに1本10万円を切っている治療費を設定をしている歯科医院は、なるべく低価格で良い素材を使っていると評価をする事が出来るでしょう。

 

ジルコニアを使用をしたオールセラミックの歯のメリット→こちら

 

またジルコニアではないですが、オールセラミックの歯で特にジルコニアほどの強度はいらない前歯にはイボクラール社のIPS e.maxという製品が使用をされる事が近年ではかなり多くなっています。

 

人工ダイヤモンドのジルコニアを使っていなくても実際には十分な強度はあるのですが、やはり奥歯のように思いのほか大きな力がかかる箇所には、IPS e.maxを使うよりもジルコニアセラミックの方が良いという事が言えますので奥歯にはジルコニアセラミックを利用をする事が一般的となっています。

 

 

高額過ぎる歯科の自費診療のオールセラミックの歯を市場適正価格で治療を受けたいと思っている方や、もっと低価格で本当に良い治療を受けられる歯科医院はないかと探している方は下記の人気審美歯科サービスの公式サイトも見て検討をしてみて下さい。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

前歯を破損をしてしまった方で自費診療のセラミックの歯が高額過ぎるとお困り方

f:id:pt091q4b4k:20171005190332p:plain

前歯を破損をしてしまった方で歯医者に行った際に保険のプラスチックの歯と、本物の歯を見分けのつかない自費診療のセラミックの歯の説明を受けている方がいるのではないでしょうか?

 

前歯だからこそ、本物の歯を見分けのつかない自費診療のセラミックの歯で治療をしたいけれども、あまりに値段が高額過ぎて・・・かなり躊躇をしているという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

オールセラミックの歯の自費診療が高額過ぎるとお悩みの方の多くに利用をされている人気の審美歯科サービス→こちら

 

特にメタルボンドではない、歯科金属を全く使用をしていないオールセラミックの歯だと1本15万円、20万円というような値段を提示されてかなり驚き戸惑っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

確かに本物の歯を見分けのつかないキレイな治療をする事が出来るのがオールセラミックの歯であるという事は理解をする事が出来るし、見本を見ても保険のプラスチックの歯よりも絶対にオールセラミックの歯の自費診療を受けたいと思うのだけれども、いかんせんお値段がお値段だけに戸惑うというか、少しばかり高額過ぎるという事であきらめかけている方もいるかもしれません。

 

歯科の保険診療、自費診療の違いは何か?

 

保険のプラスチックの歯で前歯を治療をすると結局のところ早い方で数ヶ月で変色をしてきて違和感が出てきてしまいます。またプラスチックの下はパラジウム合金という歯科金属が使用をされていますから、金属アレルギーの心配も払拭をする事は出来ません。

 

また歯科金属の溶け出しによって、歯茎が黒ずんでくるという事がありますので、本当はオールセラミックの歯で治療を受けた方が良いです。

 

歯科金属の金属アレルギーの事について解説→こちら

 

よく保険のプラスチックの歯で前歯を治療をしても、後にやはりコンプレックスになってしまって、結局のところオールセラミックの歯に取り替えるという人もかなりの数がいます。大抵は、保険のプラスチックの歯を入れた後に結局のところ不満が出てきてオールセラミックの歯に変えるという事は珍しくありません。

 

そのようになると、結局のところは二度手間という事になりかねませんし、また前歯の歯茎が黒くなってくるという歯科金属が原因のメタルタトゥーという事も起こるのは殆ど避けることが出来ません。

 

だから、出来る事ならはじめからオールセラミックの歯の治療を受けた方が後々の事も考えると良いかと思います。

 

そんな事は分かっているけれどもオールセラミックの歯の値段が高額過ぎる

しかしながら、オールセラミックの歯の値段が高額過ぎるからこそ、迷っているのではないか!!という方は人気の審美歯科サービスの公式サイトを見て検討をしてみて下さい。

 

オールセラミックの歯の自費診療が高額過ぎるとお悩みの方の多くに利用をされている人気の審美歯科サービス→こちら

 

歯科業界でトップシェアのオールセラミック素材、製作システムを提供をしているシロナデンツプライ社のセルコンのシリーズのジルコニア(廉価版のZ冠ではない)とイボクラール社のIPS e.maxで作るオールセラミックの歯が従来型の歯科医院よりも低価格となっており非常に人気です。

 

もちろんオールセラミックの歯の素材メーカーがしっかりとしている信頼性の高い世界トップシェアのメーカー素材、製作システムを使ったものなので安全性も高いです。

 

通常、セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxはいづれも1本10万円以上の値段を設定をしている歯科医院が数多いのですが、歯科自体も乱立をしており市場適正価格で良いオールセラミックの治療を、それを必要としているお客様の手に届きやすい治療費設定にしているのが、この人気の審美歯科サービスとなっているのです。

 

対応エリアは、東京、神奈川、大阪、名古屋の都市圏の歯科医院にて受ける事が出来るようにサービス展開がなされていますから、多くの方が利用をしやすい歯科サービスとなっています。

 

また、多少交通費をかけて通ったとしても、1本10万円を越える値段でオールセラミックの歯を提供をしている歯科医院に通うよりも、全体と通しても低価格になりますから、少しくらい遠いとしても通う価値は十分にあるので、その点でも多くのお客様に利用をされています。

 

オールセラミックの歯の自費診療が高額過ぎるとお悩みの方の多くに利用をされている人気の審美歯科サービス→こちら

 

もし、あなたがオールセラミックの歯の治療を低価格で受けられる審美歯科サービスに興味あったり、検討をしてみたいという場合には公式サイトを見て、メール相談、カウンセリングの予約、問い合わせをしてみて下さい。

 

人気がある審美歯科サービスなので、予約の枠自体が案外とすぐに埋まっていきますので、早めに治療をはじめたいという方はなるべく早く問い合わせをして治療を進めていけるようにして下さいね。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

東京の審美歯科でオールセラミックの歯の治療をなるべく安く受けたいならここがおススメ

f:id:pt091q4b4k:20151123090603j:plain

東京には多くの夢を持って、そこに住んでいるという方が多くいらっしゃいます。

 

東京は日本の中心地であり、芸能・モデル、出版、テレビ局などの仕事に従事をしているか、若しくはそれに関係をする仕事に就く事を目指している方が本当に多くいらっしゃいます。

 

その関係もあって、東京では美容目的で歯並びをキレイにしたいという方本当にたくさんいらっしゃいます。特に多いのは歯列矯正ではなく、人工的にキレイな歯の形状、歯の理想的バランスを実現をするオールセラミックの歯を用いた治療を受けたいという方が多くいらっしゃいます。

 

zirconia-ceramic.tokyo

 

天然の歯では得る事が出来ない特別にキレイで透き通るような透明感のある歯の質感が欲しいという需要が東京にはかなり多くあります。

 

しかしながら、そのような特別な白さのオールセラミックの歯を使った治療になると、かなり高額な治療費に設定をされている事が通常です。ただでさえ、一般的なオールセラミックの歯でも1本あたり10万円以上の治療費を設定しているのに、さらに人工的な特別な白さのオールセラミックの歯の治療を受けるとなると、1本20万円~30万円というような治療費を設定をしている歯科医院も多いです。

 

しかしながら、さすがに歯の治療に1本20万円は・・・と思いますよね。

 

前歯をオールセラミックの歯でキレイにするという際には最低でも上の前歯6本を治療をしないと均整の取れた歯の形状にする事が出来ませんので、どうしても1、2本をオールセラミックの歯にするという事では済む事は絶対にありません。

 

なので一本20万円として・・・6本ですから120万円は最低でもかかるという事です。

 

でも、それは・・・ちょっと高額過ぎるという方に人気となっているのが東京でも運営されている低価格で高品質なオールセラミックの歯の治療をい受ける事が出来る審美歯科サービスです。

 

特別な白さを持つオールセラミックの歯を製作をする事が出来る、ノリタケEWシリーズの取り扱いもあります。

f:id:pt091q4b4k:20171004154721j:plain

ノリタケーEWシリーズの詳細→こちら

 

1本6万円、また最も白い色でも6万3000円と圧倒的なコストパフォーマンスとなっており、将来モデル、芸能人を目指している方や劇団員をされている方、ホステス、ホスト、キャバクラの女の子など、容姿で勝負をしていかなければならない世界にいる方に非常に多く利用をされています。

 

容姿にも大きく影響をする歯並び、歯の色というのを整える事で、他の人がなかなか治療をする事が出来ない部分であるので、一気に容姿的に洗練をさせることが出来るので容姿で勝負をしている方々の多くに選ばれています。

 

東京で成功をするために日々頑張っている方で、容姿で勝負をしていかなければならない世界に身をおいている方は一度、この審美歯科サービスで歯をキレイに整える事を検討をしてみると良いのではないかと思います。

 

下記が東京でオールセラミックの歯の治療をするのに人気でコスパが良いという事で人気の審美歯科サービスの公式サイトです。この機会にご自身の容姿に影響をする歯をキレイにする事を検討をしてみて下さいね。

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

 

歯科金属の金属アレルギー

歯科の保険適用の治療では銀歯を使う事があります。

 

大きな虫歯などがあった場合に、歯を削って神経を処置をして、歯の強度不足を補うためにパラジウム合金で作成をした銀歯の被せ物を被せて治療を完了をします。

 

しかしながら、このパラジウム合金が金属アレルギーの温床になっているという可能性もあります。

 

なかなか、口の中の銀歯を歯科金属のアレルギーの原因になる可能性があるという事は盲点となってしまっているのですが、パラジウム合金を使用をしているのですから、まともに考えても、それが原因で金属アレルギーになるという事は特段おかしな事ではありません。

 

金属アレルギーに気がつかないままで、時計、アクセサリーをつけている部分が肌荒れをしていまう方がいます。気がついていない時には、ちょっとした被れなどかな?と思ってしまうのですが、それがアクセサリーや時計などの金属と皮膚が触れ合う部分ばかりの特定の部位に発症をするという事であれば金属アレルギーの可能性が高いです。

 

そのようなアクセサリー、時計で肌が荒れてしまうという方にとって、口の中に銀歯が入っているという事は、口の中からダイレクトに金属イオンを身体に取り込んでいるという事になりますから、あまり良い事とはいえません。

 

歯科金属での金属アレルギーをどうにかするためには歯科の自費診療のオールセラミックの歯の治療を受けるという事が重要になってきます。また保険適用の治療では金属を使用をしない被せ物であるオールセラミッククラウンの治療を受ける事は出来ませんので、どうしても高額な治療費になってしまうのです。

 

オールセラミックの歯の治療は1本当たり10~25万円という非常に高額な値段設定がなされている歯科医院が多いのが現状です。しかしながら、歯科も乱立をしている中で、市場価値としてみた際に、歯科のオールセラミックの歯の治療がいかに自費診療であろうとも高額になり過ぎているという事も言われています。

 

 

その中で、しっかりと未来を見つめて経営の工夫をしている歯科医院では、高品質なオールセラミックの歯の治療を、歯科の金属アレルギーで困っているという方、前歯が破損をしてしまったという本当に必要としている方の多くの悩みを解決をする事が出来るように従来よりも低価格で提供をする取り組みをしている歯科医院もちらほら見られるようになってきました。

 

zirconia-ceramic.tokyo

 

高品質なオールセラミックの歯の治療で人気となったパイオニアの審美歯科サービスを運営し人気の審美歯科サービスとなっているのが下記です。

 

従来型の歯科医院の自費診療のオールセラミックの歯の値段の約3分の1程度の治療費に設定をしていますが、使用している製品は歯科業界トップシェアを誇っているデンツプライシロナ社のセルコンシリーズのジルコニアセラミックと、イボクラール社のIPS e.maxを使用をしており、他の審美歯科では今でも1本当たり10万円以上の治療費を設定をしている製品となっています。

 

高品質なオールセラミックの歯の治療を低価格で受ける事が出来るので大変に人気となっており、今から年末に前にオールセラミックの歯の治療を完了させたいという方も多くいらっしゃいますので、どんどん予約が埋まっていく状況です。

 

なるべく早く治療をしてしまいたいという方は、早めに相談をして、そして治療計画を聞いて検討をして治療を受ける歯科医院を決定をして、望む期間で治療を完了をする事が出来るように調整をして下さいね。

 

 f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

 

歯医者の言っている価格はメチャクチャ

オールセラミックなどの自費の診療を受けようと思ってネットを検索している方は、歯医者が質問に答えてくれるというようなサイトなどを見た事があるかと思います。

 

私も、そのようなサイトを見るのですが、市場経済的な観点から言えば歯医者の言っている「腕の良い先生は自費を安くしません」みたいなことは、全くもってただの世間知らずです。

 

これだけ過剰に歯医者がいる状態ですから、歯医者にそこまで高い価値などありません。これは市場が決定する事です。どんなに上手く何かが出来る人がいようとも、それが過剰にこの市場の中にあれば安いのは当然なのです。

 

それが市場経済というものです。しかも、よく考えて下さい。特段、自費診療であろうが、保険診療であろうが歯医者が行う事は殆ど変わりません。と、いう事はですよ、基本は保険診療が80%でご飯を食べている歯医者が殆どなわけですから、自費になるからと言って保険診療より、より高額になるというのはいささかおかしな話です。

 

決して品質を落して安くしているわけではありません。しかも海外で製作されているオールセラミック製品などを悪くいう傾向にありますが、実際に歯科業界の事を知っている私からすれば、「は???」って感じですね。

 

なぜかと言えば、日本の歯科技工所の方が遥かに最低です。日本産だから安心ですって言葉で誤魔化していますが、日本の歯科技工所や歯医者には殆ど監査が入りません。歯医者も歯科技工士も個人事業主です。

 

これを疑問に思う方は歯科技工所というものを見学しにいくと良いでしょう。もちろん大手ではなく、個人のですよ。大手のシェアよりも、個人の技工士が無数にいて地域の歯科医院の仕事は、個人で技工所を開設している個人事業主の歯科技工士が行う事が殆どなのですから、その辺にある個人事業主歯科技工所を見学しに行って下さい。衛生環境の悪さに驚くでしょう。

 

で・・・隠蔽体質というのは変わりありません。透明性はかなり低いです。又、個人の歯科技工所の衛生環境などを見たことありますか???衛生面での監査があったりすると思いますか?行政からは殆どそんな注意を受けないのが日本の歯科業界ですよ。

 

あのね、海外で大きく展開している歯科技工所に日本のゴミのような歯科技工所がかなうわけがありません。衛生環境でも信頼を得るために国際基準のISOを取得し、大掛かりな投資をして、最新鋭の機材を取り揃えています。日本の歯科技工所では、そんな事はほぼ出来ません。

 

それに比較して、日本の歯科技工所は殆どが個人家を改装したような適当な仕事場ですよ。それに、使用している金属だってパラジウムなんて使っておらず、もっと安い適当な金属を使っているのにも関わらず、歯医者と結託してパラジウムで保険を請求したり、保険点数をちょろまかしたりして保険財政を圧迫しているのが歯科業界です。もちろん、しっかりやっている方もたくさんいますので全てとは言いません。

 

歯医者にオールセラミックの歯を装着するのに1本8~15万など請求できるほどの価値などありませんよ。これは、人数と余剰生産力という点から経済的に見ると当たり前なのです。

 

ですから、歯医者のオールセラミックの格安のものが、そんなに悪いのか?と言われれば特段問題はないというのが本音ですね。ただインプラントの激安はヤバイと思いますね。あれは完全な外科手術ですから歯医者なんかでインプラントを行うというのは狂気の沙汰としか思えません。さらに、顎をあれだけグリグリといじるわけですから、やはり歯医者なんかでインプラントを打ってはいけません。

 

インプラントの激安と、オールセラミックの激安では全く意味が違うのです。インプラントは歯医者が行うべきではない医療行為です。それを適切に行うのであれば、かなり高額になってしまうのが現状のはずであるのにも関わらず、馬鹿歯医者はインプラントを、たった2~3時間の講習を受けた次の日から始めだすという始末です。

 

と・・・かなり話が脱線してしまいましたが、歯医者がオールセラミックの激安、格安治療というものを、必死になって叩いていますが正直見苦しいです。安くなってしまって当然の飽和状態なのです。しかも、保険治療をしようが、自費の診療をしようが、行う事は変わりません。保険で飯を食べている歯医者が80~90%の状態ですから保険診療と同じ事をして、ただ銀歯を被せるという事がセラミックに変わっただけでそこまで高額になるわけないのです。

 

歯医者個人が自分自身にどのような値段を付けても結構なのですが、市場価値として純粋に適正価格を割り出してみれば、歯医者の価値など歯を1本治療するのに8~15万円もかかるわけがないのです。

 

これが経済の基本原則です。ですから、セラミックの治療で「5万円は安過ぎですね」などと言っている歯医者の方が経済的な基本原則から言えば、かなりおかしいのです。

 

ですから今は安くても高品質なセラミックを入れてくれる歯医者も出てきているというのが現状なわけです。

 

馬鹿歯医者の言う狂言に惑わされてはいけません。医療だから高額なのですとか言いますが、あのね、それは只のキレイ事。じゃあなぜジェネリック医薬品があるのですか?市場経済に従って動いているからでしょう???

 

それが、この世界の現実です。そして、医療であれなんであれビジネスです。医療が、医療がとキレイ事だけを言うのであれば、無償でやりなさいよ。

 

ですから、ゴタゴタを何かを言わずに、値下げをしてしまう歯医者は、まだそこそこ頭を使っていると言う事も出来るわけです。

 

あなたがしっかり市場で揉まれて、品質を高くしつつ、競争力で抜きん出ようとしている優良な歯科を選べる眼力を養う事が出来るような本当のことをしっかりと情報をして書いていきますので、オールセラミックの治療など価格面で歯科治療を躊躇っている方は、一度、格安のオールセラミックの治療を宣伝している歯医者も見てみるべきだと思いますよ。

 

歯科業界で最も高品質であると言われているオールセラミック素材メーカーのセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを使用しているのに、格安でオールセラミックの審美歯科治療を受けられるサービスは下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

 

 

 

格安の審美歯科が高品質なオールセラミックで治療する時代

オールセラミックの素材メーカーで日本の中ではもちろん世界中の歯科で支持されているのが、セルコンのジルコニアとイボクラールのIPS e.maxです。

 

このメーカーのオールセラミック以外のものを格安にしている歯科医院は腐る程ありますが、セルコンのジルコニアと、イボクラールのIPS e.maxというオールセラミックを使用しているところは殆どありません。

 

他の格安セラミックの歯科医院などは、明らかに格下のはぴかクラウン、エンジェルクラウン、セレックというものを使用しています。もしくはセルコンでもZ冠というジルコニアを格安にしています。セルコンのジルコニアは素晴らしいのですが、Z冠は全く良いものではありません。100%ジルコニアの削り出しでオールセラミックの歯を製作するのがセルコンのZ冠です。100%ジルコニアというのは色づけが殆ど出来ないですし、色のブロックも選べないので、かなりダサい歯が出来上がります。せっかくセラミックの保険が使えない治療を受けるのに、わざわざ選択するものではありません。

 

それは、はぴかクラウンにもエンジェルクラウンにも言える事です。これらに共通するのは色づけがかなり不自然になるという事。また色があまり選べないので近い色を選んでも、たった1本の治療をしたいだけという場合などでは、色合わせが殆ど出来ないという事です。だから、大抵は奥歯に使われる事が殆どです。けれども、やはり変な白さになる事はほぼ間違いありません。

 

現在インターネットのPPC広告などである歯科のセラミックの激安や格安歯科医院というのは、大抵はこの、エンジェルクラウン、はぴかクラウン、セレック、Z冠という事が殆どです。

 

しかしながら、歯科業界で最高品質と言われるセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e,maxを使用しているのにも関わらず、かなり格安で審美歯科のオールセラミック治療が出来る審美歯科サービスがあります。

 

審美歯科治療は相談しにいったら、歯を1本治療するのに15万円と言われたなど、かなり高額である事が少なくありませんが、正直なところ歯医者にそんなに高額な市場価値などありません。歯科は過剰なのです。

 

オールセラミックの治療を市場適正価格に修正した審美歯科の格安オールセラミック治療なのに、業界最高品質のオ-ルセラミックの治療に興味がある方は、下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。

↓↓↓

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

 

 

安くオールセラミックの審美歯科治療を受けたいなら!!

安くオールセラミックの審美歯科治療や、オールセラミックでも神経を残して治療の出来るラミネートベニヤで治療をしたい方は、株式会社Japan Dental Frontierの審美歯科サービスが大変におすすめです。

 

歯医者が過剰という事で、実際にオールセラミックの審美歯科治療がいくらくらいであれば適切なのか???という事を市場経済の観点から割り出し、歯医者の動労価値を割り出しました。

 

そして、株式会社Japan Dental Frontierが集客を行う事により圧倒的なコストダウンを実現しました。

 

マーケティング、顧客管理、カスタマー対応を株式会社Japan Dental Fronteirが行いお客様を集客するからこそ、コストを最大限にまでカットする事が出来ます。ですから、既存の歯医者などでは1本15万とか25万円と言われるオールセラミックのセルコンのジルコニアでも約5万円。

 

既存の歯医者の約3分の1の格安価格で審美歯科治療が受けられると同時に、これまえでサービス業という事を全く意識しておらずお客様に無礼な態度をとってきた歯科医院にサービス業意識を徹底させるためのオブザーバー制度によって、監視監督を行う体制を確立しました。

 

ですから、これまでかなりわかり辛かった部分や、歯医者に行って聞けなかった事などを気軽に聞けるという体制を確立しているのです。

 

どこか安くオールセラミックの治療や、安いオールセラミックの審美歯科治療が出来るところはないかと探している方は、一度下記のバナーで詳細を確認してメール問い合わせをして見ても良いのではないでしょうか???

 

正直なところ、セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを使用して審美歯科のオールセラミックの審美歯科治療がここまで安く出来るのは、下記の審美歯科サービスだけでしょう。

 

格安で審美歯科治療を受けたいと思っている方は下記のバナーをクリックして詳細を確認して下さい。

↓↓↓

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain

 

 

 

セルコンのジルコニア

f:id:pt091q4b4k:20130420152608g:plain

f:id:pt091q4b4k:20130420152552g:plain

 

セルコンのジルコニアは上記のものです。上記のバナーは公式のサイトにリンクしてありますので興味のある方は、一応参照して下さい。

 

またセルコンのジルコニアの説明がしっかりしてあるサイトがありますので、オールセラミックの審美歯科の治療を考えている方は参照すると良いと思います。

 

セルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxについて詳しく書いてあるサイト。

↓↓↓

オールセラミックの歯の種類

 

 

【セルコンのジルコニアの注意】

セルコンのジルコニアが良いというのは事実なのですが、ただ気をつけて欲しいのはセルコンでもZ冠というオールセラミックがあります。

 

セルコンのZ冠はよくありません。これはジルコニアのみで作られたオールセラミックの歯なのですが、良いとは言い難いです。このZ冠を格安だという広告を出している歯医者がいますが、セルコンで良いのはZ冠以外の製品のジルコニアです。

 

あまりに自費診療が獲得出来ないから、嘘をつく歯医者が大変に多い時代です。製品比較もまともにしません。それに、嘘をつく歯医者もいます。オールセラミックではないハイブリッドセラミックというプラスチックとセラミックを混ぜた素材のものをオールセラミックと嘘をつく歯医者が本当に多いのです。それで苦情になるケースも目立ってきているのです。

 

本当にまもとにしっかりした説明をする歯医者に当たるのは大変困難な時代です。歯医者は相対的に馬鹿です。正直、頭の良い人種ではありません。ですがしっかり仕事をしている歯医者もいますので、しっかりと仕事をしている歯医者を探すように努力をして頂ければと思います。

 

 

また、歯医者の馬鹿さ加減を軽減してくれるようなオブザーバーを入れている歯科サービスを展開している審美歯科サービスもありますので、そのような審美歯科サービスでオールセラミックの治療をする事をおススメします。

 

 

オブザーバーという第三者を入れている審美歯科サービスが下記のバナーの審美歯科のオールセラミックの治療サービスです。治療値段は他の歯医者に比べてかなり安いのですが、しっかりとセルコンのジルコニアとイボクラールのIPS e.maxを使用しているのでオールセラミックでの治療を考えている方は、こちらにも問い合わせをしてみると良いかと思います。

 

f:id:pt091q4b4k:20171004152943j:plain